釧路エリアとは

釧路エリアとは

釧路エリアとは

釧路エリアは、日本で最も自然豊かといわれる北海道の中でも特別な場所です。
深く豊かな森、茫漠たる湿原、美しい湖や川、そして様々な恵みをもたらす海。
そのすべてが多様性に富む生命の宝庫です。

Kushiro Area Map

THE WILD NATURE

釧路エリアの自然をひとことで表せば“多様性”。約6,000平方キロメートルの面積ながら、変化に富んだ自然環境と豊かな生物相が特徴です。阿寒と釧路湿原の2つの国立公園、厚岸の道立公園、4つのラムサール条約登録湿地(2016年)がその自然の豊かさを物語っています。

GO

WETLAND

釧路エリアには日本離れした大きな湿原があります。その名は釧路湿原。冷涼な気候が植物の堆積を促してできた湿原は、かつて人の手による開発が困難だったことから今も原始の面影を残す数少ない場所となっています。
そこには、特別天然記念物などの希少種の動植物も多く生息しています。ほど近い別寒辺牛湿原や霧多布湿原の雄大な自然も見事です。

もっと読む

LAKE&RIVER

日本ではほとんど見ることができないダムの無い一級河川、釧路川をはじめ、深く豊かな森を源とする釧路エリアの河川や湖沼、美しいカルデラ湖は、他にはない見事な景観を作りだして私たちのこころを癒してくれます。 そして変化に富んだ地形と清らかな水が魚類や水棲動物、野鳥など多様な生命を育みながら山と海とをつないでいます。

もっと読む

FORESTS

釧路エリアを含む北海道は、冷温帯と亜寒帯の境界にあり、北方由来と温帯性の両方の植物が分布しています。その象徴が針葉樹と広葉樹が入り混じった混合林。豊富な樹種と、それらによって育まれる多くの生命が息づく、魅力あふれる森が広がっています。

もっと読む

SEASHORE

北からの親潮と南からの黒潮がぶつかる太平洋、釧路沖。ここで発生する霧が釧路湿原を潤し、伝説に彩られた湖、摩周湖を白いベールで包み込む。 荒々しい断崖と長く続く砂浜、2つの異なる表情を見せる海岸線も季節ごとに美しい…。釧路の自然を作りだした海は、古来よりこの地に、豊かな海の幸をもたらしてくれる豊饒の海でもありました。

もっと読む

旅の目的地