SEASHORE

SEASHORE

南と北が出会う豊饒の海

北からの親潮と南からの黒潮がぶつかる太平洋、釧路沖。ここで発生する霧が釧路湿原を潤し、伝説に彩られた湖、摩周湖を白いベールで包み込む。荒々しい断崖と長く続く砂浜、2つの異なる表情を見せる海岸線も季節ごとに美しい…。 釧路の自然を作りだした海は、古来よりこの地に、豊かな海の幸をもたらしてくれる豊饒の海でもありました。

峻厳な断崖の岬

日本離れした景観と称えられる「北太平洋シーサイドライン」。特に、断崖が海へと突き出す様は、圧巻のひと言。初夏から秋の花の風景も厳しい冬の表情も心に残ります。

海霧と釧路の自然

親潮と黒潮の合流地点で発生する海霧。釧路エリアの自然や食は、この海霧の影響を切り離して語ることはできません。夏、遠く離れた摩周湖をのみ込むかのような神秘の霧も、海と深くかかわっているのです。

北太平洋の原生花園

釧路エリアの海岸沿いは、可憐な野生の花が初夏から秋にかけて咲き競う原生花園でもあります。様々な表情の海辺で出会う、釧路エリアの花の名前を覚えてみるのも、旅の思い出に素敵な彩りを添えてくれるはずです。

はじまりは海の恵みから

寒流と暖流が出会う釧路エリアの沖合は、古の昔から日本でも屈指の好漁場でした。このエリアの歴史のはじまりは、豊かな海からはじまったのです。

関連記事