鶴居村
鶴居村

SCROLL DOWN

鶴居村

市町村名がアイヌ語に由来することの多い釧路エリアの中で、特別天然記念物「タンチョウ」にその語源を持つ鶴居村。文字通り鶴の居る村には、毎年その美しい姿を見るために多くの観光客が訪れます。
一時期絶滅したともいわれた中、村民をはじめとする多くの人々に支えられ現在1000羽を超えたタンチョウのおよそ半分が鶴居村で確認されています。

タンチョウの冬のねぐら

鶴居村を流れる雪裡川に架かる「音羽橋」。ここはタンチョウの魅力にとりつかれたカメラマンたちが足繁く通う人気スポット。外敵から身を守りつつ、少しでも温かな場所で眠ろうとするタンチョウたちの冬のねぐらは、幻想的な早朝の景観で人々を魅了しています。

冬のサンクチュアリ

厳しい冬の釧路湿原でタンチョウが生息するには、人里とのつながりが重要なポイントのひとつ。鶴居村の人とタンチョウの絶妙な間合いは、積み重ねてきた交流の賜物。「伊藤サンクチュアリ」と「鶴見台」の二大給餌場には、厳冬期の毎日、200羽以上が集まります。

湿原の中のふたつの岬

かつて海だった釧路湿原の2つの高台は「岬」の名が付けられています。絶滅したと思われていたタンチョウが再び発見された場所「キラコタン岬」と蛇行する釧路川の美しい眺めを望む「宮島岬」。いずれも湿原の聖域と呼ばれた深い自然が今も守られています。

北海道原産の馬の背に揺られて

愛着を持って「道産子」と呼ばれる北海道和種の在来馬は、体力強健で粗放な管理にも耐え、開拓期の暮らしに大きく貢献しました。体躯は小型ながら、持久力と速度に富み、性質は温厚。開拓期の浪漫に思いを馳せながら「道産子」に乗る湿原探勝が人気を博しています。

美しい酪農の村

「日本で最も美しい村」連合に加盟する鶴居村の中心産業は酪農。チーズやアイスクリームなどの乳製品は全国でも高い評価をうけています。