旅のテーマ

旅のテーマ

GO

ふたつの国立公園

千島火山帯の活動によってできた阿寒、摩周、屈斜路の三つのカルデラ湖を主体に、森と湖と火山によってつくられた原始的な景観と豊かな自然環境が魅力の阿寒公立公園。湿原、湖沼、丘陵地などの様々な環境に多様な生物が生息、日本初のラムサール条約登録湿地ともなった釧路湿原国立公園。一つの市域に2つもの国立公園を有するのは、日本では唯一、釧路エリアの中心都市釧路市だけです。しかも、市街地とは驚くほどに間近です。さらに、国の特別天然記念物「タンチョウ」が釧路湿原に、「マリモ」が阿寒湖に生息するなど、自然豊かな北海道の中でも、その美しさと希少性は特別。世界自然遺産、知床国立公園とのアクセスも良く、北海道の自然美を思う存分満喫するには、絶好のエリアです。

もっと読む

世界屈指の野鳥観察地

湿原にはタンチョウ、森にはシマフクロウやクマゲラ、水辺にはオオハクチョウやマガン、草原の野ノゴマやシマアオジ、海岸にはオオワシやオジロワシ。北海道には日本の全鳥類の約8割にもあたる430種の鳥がこれまでに記録されています。これほど多くの鳥がみられるのは、北海道に多様な自然体系が残されている証でもあります。ここ釧路エリアでは、お隣の根室エリアと共にオオワシやオジロワシ、タンチョウなどの希少な鳥類が間近に見られ、その多彩さと生息数から世界のバードウオッチャーの驚きと憧れを集めています。滞在地からわずかな移動時間で生息域に出かけられるのも大きな魅力です。

もっと読む

躍動する生命たちの営み

豊かな釧路エリアの自然と共にある多様で多彩な生命の営みは、ダイナミックにして実に繊細。多くの先達の叡智が、この絶妙なバランスを現在まで守り継いでくれました。世界最大級のカルデラ、日本最大の湿原群、寒流と暖流が出会う海。類まれなる自然が、奇跡的な関係性を保ちながらできあがった豊かな環境に支えられ、様々な動物たちと植物が、その生命を謳歌しています。

もっと読む

温泉の豊かさも格別

火山活動の続く阿寒国立公園の周辺地区は、豊かな温泉資源の宝庫。温泉王国北海道を代表する温泉地も数多く点在しています。中でもその温泉成分が日本屈指といわれる「川湯温泉」や人気の高い温泉施設が集まる「阿寒湖温泉」は、温泉好きの多くの日本人も訪れる名湯です。 特に、こんこんと湧き出でる豊富な温泉に身体をまかせ、自然と一体となる「露天風呂」は、 温泉の醍醐味。目の前に広がる釧路エリアの四季折々の美しい景観と共に、ゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょう。※温泉はその趣や成分が施設によって異なります。

もっと読む

旅の記憶に残るおいしさを

その時、その場所にあってこそ味わえるもの…それこそが旅における究極の美味しさではないでしょうか。釧路エリアは、日本の食の宝庫といわれる北海道の中でも、海産物をはじめ、乳製品、羊、鹿、和牛など、素材の豊かさと味わいの多彩においてトップクラスといわれる名産地を数多く有しています。訪れた時、訪れた場所でなければ味わえない美味しさが あなたの旅の記憶をより鮮やかにしてくれるはずです。

もっと読む

自然と共に、神と共に、この地に

自然と共生し、独自の文化を育んできた北の民、アイヌ。「アイヌ」とは、アイヌ語で 「人間」という意味の言葉です。自然界を「カムイ(神々)」と呼び、その恵みに感謝し、 その力に畏怖の念を持ち続け、自然と共に生きてきた民族の文化や歴史、人々の知恵や教えは、今も大切に後世へと受け継がれています。

もっと読む